開催概要

第9回「ふくしま再生可能エネルギー産業フェア」
(REIF ふくしま2020)

※「REIF(リーフ)ふくしま」は、当フェアの愛称です。Renewable Energy Industrial Fair(再生可能エネルギー産業フェア)の頭文字です。

名 称 第9回 ふくしま再生可能エネルギー産業フェア(REIFふくしま2020)
開催趣旨

再生可能エネルギー関連産業でビジネスに取り組まれる企業団体の皆様に情報発信及び商談・交流の場を提供することにより、産学官の取引拡大を支援するとともに、「再生可能エネルギー先駆けの地」の実現に向けた強い意思を国内外に発信する。

会 期 会期:2020年10月28日(水)・29日(木) 
時間:
10:00〜17:00
会 場 名称:ビッグパレットふくしま 
住所:
〒963-0115 福島県郡山市南二丁目52番地
主 催 福島県・公益財団法人福島県産業振興センター

福島県知事 あいさつ

 東日本大震災以降、福島県では、原子力に依存しない社会づくりを基本理念とし、再生可能エネルギーの推進を復興の大きな柱に位置付け、その導入拡大とともに、企業間のネットワーキングや技術開発に対する支援を始め、販路開拓、海外連携の推進など、関連産業の育成・集積に向けて取り組んでまいりました。

 今年の3月には再生可能エネルギーによる世界最大級の水素製造施設である「福島水素エネルギー研究フィールド」が開所するなど、これまでの取組が目に見える形となって現れてきております。

 こうした中、県内外の企業を始めとした皆様の御協力・御賛同により、「ふくしま再生可能エネルギー産業フェア(リーフふくしま)」は、地方最大の再生可能エネルギー展示会として定着し、今年で9回目を迎えました。

 本県の新型コロナウイルス感染状況につきましては、県民や事業者の皆様の「新しい生活様式」の定着、施設における感染防止対策の徹底等の依頼に対する御理解と御協力のおかげで、大幅な感染拡大が抑えられている状況にあります。

 このような状況を踏まえ、本展示会については、感染防止対策を講じた上で今年も開催することといたしました。

 今回の展示会は、「再生可能エネルギー先駆けの地」の実現に向けて関連産業の育成・集積を図るため、福島新エネ社会構想の三本柱である、①再生可能エネルギーの導入拡大、②水素社会実現のためのモデル構築、③スマートコミュニティの構築をメインテーマに、数多くの企業や研究機関による最新技術・製品の展示や商談会、最新動向を紹介するセミナー、企業間のマッチングイベントの開催など、皆様のビジネスに直結するものとなるよう企画しております。

 皆様の御来場を心からお待ちしております。

後 援

復興庁、外務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、環境省、国立研究開発法人科学技術振興機構、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)、独立行政法人中小企業基盤整備機構東北本部、株式会社日本政策金融公庫福島支店、公益財団法人全国中小企業振興機関協会、一般財団法人省エネルギーセンター、一般財団法人新エネルギー財団、一般社団法人日本風力発電協会、一般社団法人太陽光発電協会、一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会、一般社団法人水素エネルギー協会(HESS)、太陽光発電技術研究組合、一般社団法人日本電設工業協会、一般社団法人東北経済連合会、福島県市長会、福島県町村会、地球にやさしい”ふくしま”県民会議、一般社団法人福島県発明協会、公益財団法人郡山地域テクノポリス推進機構、公益財団法人郡山コンベンションビューロー、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構、福島県電子機械工業会、福島県商工会議所連合会、福島県商工会連合会、福島県中小企業団体中央会、福島県中小企業家同友会、福島経営者協会、一般社団法人福島県銀行協会、福島県工業クラブ、日本大学工学部、福島工業高等専門学校、日本経済新聞社 福島支局、日刊工業新聞社 福島支局、株式会社福島放送、株式会社テレビユー福島、株式会社東邦銀行、福島銀行株式会社、株式会社大東銀行、国立大学法人福島大学、公立大学法人会津大学、株式会社福島民報社、福島民友新聞株式会社、福島テレビ株式会社、株式会社福島中央テレビ

第8回「ふくしま再生可能エネルギー産業フェア」(REIF ふくしま2019)

展示会・セミナー・イベントお申込みについて

〈REIFふくしま〉展示会のご参加・セミナーは事前のお申込み・ご予約が可能です。
お申込みいただくには、ご来場者様の登録が必要となります。
『展示会来場お申込み』よりご来場者様の情報をご登録後、セミナーのお申込みを行ってください。